2008年06月04日

色塗りe21_13-03

■触手の汁1
keika21_23.jpg
触手にまとわりついている汁を描き込んで行く。
適当にアドリブを効かしながら良い感じに。


■触手の汁2
keika21_24.jpg
全ての触手に汁の追加完了。
割と疲れる作業だが、グッと触手らしくなった。


■白濁液1
keika21_26.jpg
身体にぶっかけられた汁を描く。
とりあえず汁の透明度とか気にせず、身体全体に満遍なく垂らす感じで。色は薄めの紫。


■白濁液2
keika21_27.jpg
汁を描いたレイヤーを「乗算」にする。
これが汁の透明部分、この上から白濁部分を描き込んで行く。


■白濁液3
keika21_28.jpg
描き込んだ。
物凄く地道な作業で、超疲れる。

後は仕上げを残すのみ…


■仕上げ
keika21_29.jpg
ハイライトを加えたり、服や床にシミを描いたり、画面全体の色味を調整したりして、ようやく終了。

お疲れ様でした、俺。


■完成
keika21_30.jpg
と言う訳で完成品置いときます。
違う表情バージョン。
絵によっては、この後も差分作成に追われる事に…

この絵は、8月に出す予定の「姫騎士(仮題)」に使うイベントCGの一枚。
まぁ、要は作業公開と称した宣伝です。シクヨロ!
posted by 百八 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業公開

2008年06月03日

色塗りe21_13-02

■服の塗り1
keika21_12.jpg
服と言っても、ストッキングと手袋だけ。
レザーっぽい、だけど光沢はあまり無い生地を目指す。

手順は殆ど肌の塗りと同じ。
質感の差を出すために、影を塗りながらそれっぽい皺も描きこむ。


■服の塗り2
keika21_13.jpg
肌と同じ手順で、「ソフトライト」レイヤーで色味をもう1段階加えた後、光沢も描き込む。
服の塗り終了。


■髪の塗り1
keika21_14.jpg
髪も、肌や服と殆ど同じ手順。
影を綺麗に整える感じで塗る。


■髪の塗り2
keika21_15.jpg
覆い焼きレイヤーで色味を付けて、更に覆い焼きレイヤーで光の輪を描き入れる。
髪の塗り終了。


■触手を塗る1
keika21_16.jpg
画面に開いているのは触手の表面のテクスチャ。
フォトショップのフィルタをゴチャゴチャやって作った記憶がある。


■触手を塗る2
keika21_17.jpg
テクスチャを下地の色と合成する。
ここでは、「輝度100%」「ソフトライト50%」と合成したら丁度いい感じになった。

ここから影を整える。


■触手を塗る3
keika21_18.jpg
影を塗り終えた所。
テクスチャで潰れるので、割と雑に塗っても大丈夫。


■触手を塗る4
keika21_19.jpg
覆い焼きレイヤーでハイライトを描き込む。
触手のヌルヌルテカテカ感を重視して、大袈裟に塗る事を意識する。

多少大袈裟にテカらせても、後で上から汁を描くと、意外と馴染むので気にしない。


■触手を全部塗る
keika21_20.jpg
重なっていた触手を、同じ手順で塗る。
触手から伸びてる舌(?)を塗るのが超面倒くさかった。

これでキャラの基本的な塗りは終わり。
しかし、ここからが結構長い…


■背景1
keika21_21.jpg
とりあえず、背景を終わらせる事にする。
牢屋の中の冷たい石床のイメージ。

開いているのは、自作の石床のテクスチャ。
色々作っておくと結構便利。


■背景2
keika21_22.jpg
上手い事アレして適当に合成した。
パースに合わせて変形したり、ぼかしたり、描き加えたり、結構色々と弄った記憶があるけど、詳しくは覚えてない。


疲れたので今日の作業はこの辺でおしまい。
作業再開から3時間弱というところか。

仕上げの作業はまた明日…。
posted by 百八 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業公開

色塗りe21_13-01

■線画
keika21_01.jpg
まぁ、ありきたりな絵でひとつ。

線画はコミックスタジオで描写。2値のクッキリした線が引けるので、効率的な作業がしやすい。
線の色をかなり濃いめの赤茶に変更。個人的な好み。


■パーツ分け
keika21_02.jpg
ちゃんと閉じた線で描いておけば、殆ど「自動選択ツール」→「選択範囲の拡張(2pix)」→「塗りつぶし」で終わる。
パーツをレイヤーに分けて、下地の色で塗りつぶして終了。



■大ざっぱな陰影
keika21_03.jpg
先ほどパーツ分けしたレイヤーは非表示にして、別のレイヤーで陰影を描く。
どうせ後で塗りなおすので、大ざっぱに適当に。
全体のバランスだけ把握できれば良いや的な。


■パーツに陰影をつける
keika21_04.jpg
さっき描いた陰影で塗りつぶすだけ。
背景もとりあえず仮の色で塗り潰しておく。


■肌塗り前
keika21_05.jpg
大ざっぱな陰影がついた状態。


■肌塗り1
keika21_06.jpg
それを元に、丁寧に塗りなおして行く感じで修正するとこんな感じになる。
画風によっては境界線をぼかしたりする。最近はクッキリした塗りが好みなので、殆どアニメ塗りの状態。


■肌塗り2
keika21_07.jpg
もう一段階影をつけた後、肌に色味を加えたのがこの状態。

肌全体の色味は「ソフトライト」レイヤーを重ねて出す。
(おっぱいの影辺りの微妙なグラデとか)
頬などの赤みは、「ハードライト」レイヤーに赤茶を塗って表現。


■パーツ塗り-目1
keika21_08.jpg
身体のパーツを塗る作業に入る。

とりあえず目から。
最初はグラデーションの状態。


■パーツ塗り-目2
keika21_09.jpg
瞳孔。
若干濃い目の色でざっくりと。


■パーツ塗り-目3
keika21_10.jpg
光を描き入れて終了。ぶっちゃけ5分掛からない。
涙は、汗や汁を描く段階で一緒にやってしまう予定。

その他のパーツも適当に描き込んで行く。
この絵だと、口と乳首とマ○コとアナル。


■ハイライト
keika21_11.jpg
ハイライトを描き加えて、肌の塗り終了。
ここまでで3時間くらいの作業だろうか。テレビ見ながらだけど…

とりあえず一旦休憩を挟む事にする。
(そしてなかなか休憩が終わらない)
posted by 百八 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業公開